イートンのeモビリティー事業部門部門がアップデートされたブレークター回路保護技術を採用したバッテリー遮断ユニットを発表

米ミシガン州ゲールズバーグ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — パワー・マネジメント企業のイートンは本日、当社のeモビリティー事業部門がアップグレードされたブレークター(Breaktor®)回路保護技術と組み合わ可能なバッテリー遮断ユニット(BDU)を導入したと発表しました。こうしたBDUは、全体の複雑さとコストを削減しながら、電気自動車(EV)の回路保護を実現します。 イートンのBDUは、ブレークター回路保護技術(電流スイッチング機能と、再設定と高速アクチュエーションが可能な双方向短絡保護の機能を兼備)と組み合わせると、最大15個の追加システムコンポーネントの必要性を排除します。従来のシステムは、パイロヒューズ、温度ヒューズ、コンタクターの組み合わせが必要です。 イートンのeモビリティー事業部門の国際製品戦略担当マネジャーであるケビン・カルザダは、次のように述べています。「メーカーがEVの出力レベルを上げ続けているため、高性能で信頼できる保護ソリューションを持つことがますます重要になっています。当社のBDUとブレークター回路保護技術を組み合わせることで、車

Powered by WPeMatico

Scroll to top