希土類金属の供給は次なるマイクロチップ危機か?

米カリフォルニア州サンノゼ–(BUSINESS WIRE)— (ビジネスワイヤ) — 自動車による気候変動への影響に向けられる目が厳しくなる中、自動車メーカーにとっての大きな関心は電気自動車(EV)に集まっています。運輸の電動化は、化石燃料への依存度を減らし、排気ガスを排出せず、気候変動の緩和に役立ちます。しかし、電気自動車には、モーターで使用される希土類金属という課題があります。 希土類材料は自然界では珍しいものではありませんが、採取や加工が経済的に実現可能な量で集積していることはまれです。電動化の未来への移行に伴い、希土類金属の需要が高まっています。需給不均衡、サプライチェーンマネジメントの問題、コストの上昇が予想されるため、自動車メーカーは他の選択肢を追求しています。 推進効率の分野におけるリーダー企業であるトゥーラ・テクノロジーは最近、「希土類材料とそれが電気モーターの未来に及ぼす影響」と題するホワイトペーパーを執筆しました。このホワイトペーパーでは、EV用モーターに使用される希土類金属に関連する課題を明らかにし、実用的な代替選択肢を提案しています。 トゥーラのダイナ

Powered by WPeMatico

Scroll to top