Pony.aiが研究開発センターを深センに開設して世界的な研究開発拠点網を拡大、中国の一級都市すべてを網羅

中国・深セン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 自律運転技術の世界的主要企業Pony.aiは、世界で5番目の研究開発施設となる研究開発センターを、深センに設立したと発表しました。 これにより、広東・香港・マカオ大湾区で戦略的な配備と研究開発ネットワークが正式に始動することになり、自律運転の大規模な開発を促進できます。前海合作区にあるPony.aiの深セン研究開発センターの設立により、当社は中国の一級都市、すなわち北京、上海、広州、深センをすべてカバーすると同時に、広州と深センという広東・香港・マカオ大湾区にある2つの主要都市を結ぶことができます。 Pony.aiの共同創立者で最高経営責任者(CEO)のジェームス・ペンは、次のように述べています。「大湾区は膨大な機会を提供しているため、Pony.aiはこの拠点によって広州と深センの2都市を結び、当社の2つの中核事業である自律運転の乗用車とトラックの路上テストおよび商業化を強化し、自律運転ソフトウエアとハードウエア・システムの導入を加速させることができます。」 またPony.aiは本日、中国大手自動車メーカーの

Powered by WPeMatico

Scroll to top