自動車メーカーが自動車保険業界を揺さぶる流れ

ブリュッセル–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 先週イーロン・マスク氏によって、テスラが10月からテキサス州でUBI(利用ベースの保険)商品を販売する意思が発表されました。その前には、GMとフォードによって最近、テレマティクス保険プログラムが開始されました。接続性が搭載される流れは、ついに保険にも影響を与えるようになりました。 トレイマス・コンサルティング・グループの最新の調査によれば、コネクテッドカー保険が従来の自動車保険に置き換わりつつあり、これはCOVIDパンデミックだけでなく、OEM各社の独自の取り組みによって促進されています。 コネクテッドカー保険の世界的調査では、今では多くの保険会社で新規契約の50%以上がコネクテッドカー保険となっていることが明らかになっています。さらにこの2年間で、少なくとも13社のOEM企業が保険テレマティクス商品を発売しており、そのすべてが組み込み接続機能を利用しています。 リサーチ・ディレクターのアンドリュー・ジャクソン博士は、次のように述べています。「COVID-19のロックダウン期間中に自動車の使用率が激減したとき

Powered by WPeMatico

Scroll to top