イートン、有害な燃料蒸発ガスを処理して今後の規制に対応するゼロリーク小型コンボバルブを導入

米ミシガン州ゲールズバーグ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — パワー・マネジメント企業のイートンは本日、当社の車両グループが新しいゼロリークのコンパクト・コンボ・バルブを導入したと発表しました。このバルブは、燃料制限通気バルブ(FLVV)と新しいゼロリーク・グレード通気バルブ(GVV)を積層することにより、タンク内の有害な燃料蒸発ガスを安全に排出します。 コンパクト・コンボの重要な利点は、燃料蒸発ガスの透過を低減することです。積層バルブの占有面積をより小さくすることで、タンクに溶接された際の密閉性が高まり、透過率が低下します。 この革新的な構成により製品の占有面積は20ミリ減少し、潜在的な漏出経路が減って、燃料タンク・メーカーの設計の柔軟性が高まります。ゼロリークGVVは、政府が定めたゼロリーク蒸発ガスバルブの要件を全て満たしています。 イートン車両グループの燃料排出量事業部門ディレクターのBrian Contatは、次のように述べています。「イートンの世界クラスの技術チームは、革新的で効率の高い燃料蒸発ガス管理製品の開発をリードしています。燃料蒸発ガス排

Powered by WPeMatico

Scroll to top