ベロダイン・ライダーが歩行者の安全性向上に向けた行動を呼び掛け

米カリフォルニア州サンノゼ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ)– ベロダイン・ライダー(Nasdaq:VLDR、VLDRW)は本日、ベロダインの専門家が執筆し、SAEインターナショナルが公開したホワイトペーパーを発表しました。このホワイトペーパーでは、歩行者の死亡事故の75パーセント以上が低照度から無照明の状況で発生していることから、運転支援システムの独立性能試験を暗い夜間のシナリオにまで拡大するように呼び掛けています。現在の試験方式は、主に昼間の条件を評価し、暗い夜間の条件下で性能が劣る運転支援システムが歩行者に及ぼすリスクを大きく見過ごしているため、この変更によって現在の試験方式で欠落している部分を補うことができます。 「ユースケースアプローチによる車両の安全機能の設計と評価」と題するホワイトペーパーは、SAEインターナショナルのウェブサイトで入手できます。また、ベロダインのウェブサイトからもダウンロードできます。 米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)は最近、2021年第1四半期に自動車交通事故よる死亡者が2020年同期比で10.5パーセント増加し、その大

Powered by WPeMatico

Scroll to top