ビジェリが2600万ドルの資金を確保し、クリーン・エネルギーの未来における公益事業者の主導的役割を加速

米カリフォルニア州マウンテンビュー–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — ビジェリは本日、世界中で展開している公益事業の電化と脱炭素化のイノベーションを増強するため、2600万ドルの戦略的資金調達ラウンドを完了したと発表しました。ムーア・ストラテジック・ベンチャーズ(MSV)が主導したこのラウンドには、Open Systems Internationalの共同創業者で元最高経営責任者(CEO)のBahman Hoveida氏の投資ベンチャーのAccurant Internationalが参加しました。応募超過となったラウンドには、Future Energy Ventures、Georgian、Constellation Technology Venturesなどの既存投資家も参加しました。 ムーア・ストラテジック・ベンチャーズのシニア・マネジングディレクター兼最高執行責任者(COO)のジェームズ・マッキンタイア氏は、次のように述べています。「ビジェリへの投資は、エネルギー移行を推進するMSVの強力な実績を支援します。ビジェリとその一連のソリューションは、公益事

Powered by WPeMatico

Scroll to top