東芝:Bluetooth® 5対応ICに車載向け製品をラインアップ

東京–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 東芝デバイス&ストレージ株式会社は、Bluetooth v5.0 Low Energy規格[注1]に準拠したIC製品のラインアップに、車載向け新製品「TC35681IFTG」を追加しました。新製品は、動作温度が広範囲で、高出力・高感度であるため(Long Range通信使用時のリンクバジェットが113dB @125kbps)、厳しい車載環境での使用が可能です。 新製品は、Bluetooth 通信規格で定義されているLow Energy GATTプロファイル機能とホスト制御インタフェース(HCI)機能、Bluetooth Low Energy v5.0として新規に追加された2Mbps、Long Range、Advertising Extensionなどの機能[注2]をIC内蔵のマスクROMで提供します。加えて、長距離通信のために高ゲインのパワーアンプを内蔵し、送信出力+8dBmを実現しています。 また、本製品を外部の不揮発性メモリと組み合わせることにより、本格的なアプリケーションプロセッサとして動作させることが可能で、

Powered by WPeMatico

Scroll to top