2018年CES:革新の触媒

ラスベガス–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ)– 未来を垣間見せながら世界を驚嘆させた2018年CESが本日、正式に閉幕しました。3900社を超える出展企業が、世界を変革する技術を披露しました。ラスベガスの展示スペースは正味275万平方フィートを上回り、CESの51年の歴史で最大の展示会場となりました。2018年CESに関するツイートは86万732件に上り、#CES2018のハッシュタグは45万554回使われました。2018年CESは、国際的な大手ブランドからユーレカ・パーク(CES出展新興企業のイベント)に参加した新興企業900社超までの参加を得て、活気あふれる世界の技術業界を真に反映するイベントになりました。 全米民生技術協会(CTA)の社長兼最高経営責任者(CEO)を務めるゲーリー・シャピロは、次のように述べています。「今週、世界中から大小の企業がラスベガスに集まり、2018年CESで世界を変える技術を発表しました。5G、スマートシティー、デジタルヘルス、AI、VR/ARなど、地球の未来を形成し、生活を向上させる多数の技術が展示フロアで広く紹介されました。

Powered by WPeMatico

Scroll to top